能力開発としての項目評価実施

トピックス

能力開発としての項目評価実施

2016-05-23

社員の服薬指導レベルの均一化をはかるために能力開発の一環として各項目ごとに評価を行いました。
この取り組みは昨年から事前準備として、学術部でまとめた各薬効別(併用薬、副作用の確認などを含む)必須確認項目を公開し、患者様対応の際に各薬剤師に実践してもらい進めてきたものです。

今回は進めてきた薬効薬物を含む処方に対してどの程度まで実施できるかを「知識能力:必要時、必要な知識を伝える事ができる」「接遇:伝える能力、聞き出す能力」「その他:疑義照会が必要な時に発見し対応できる他」に基づいた項目の評価で「やった」「やらなかった」を点数化し、その他指導状況に応じて薬剤師としてのレベルを加点する方式で実施しました。

能力開発評価